【21ツインパワーSW 4000XG】のインプレをまとめます!ライトなジギングにはステラSWよりもこれ!

このサイトでは、アングラーが新たに道具を購入する際に参考にするであろう「口コミ」をできる限り多くのサイトから厳選して掲載しています。

プロやまとめサイトが書いた記事ももちろんいいけど、できる限り多くの人の感想を参考にしたいという方にオススメです。

今回は、【21ツインパワーSW 4000XG】です。

※明らかに使用感と関係ないレビューは省いています。
※レビューは随時更新していきます。

21ツインパワーSW 4000XGの基本情報

ギヤー比:6.2

実用ドラグ力:7 kg

最大ドラグ力:11 kg

自重:350 g

スプール:純正 (寸法 径52mm ストローク19mm)

糸巻量:
・ナイロン) 3.5号-170m、4号-150m、5号-125m
・フロロ) 3号-190m、4号-145m、5号-115m
・PE) 1号-490m、1.5号-320m、2号-240m

最大巻上長:101 cm/ハンドル1回転

ハンドル長:60 mm

ベアリング:9 BB / 1 ローラー

 

 

21ツインパワーSW 4000XGの使用感のまとめ

21ツインパワーSWは、15ツインパワーSWの後継機種になります。

ハードな使用にも耐える剛性感とタフネス、海水の侵入を防ぐ強固な防水性能、そして何よりも求められるのは巻き上げのパワー。新しいツインパワーSWはインフィニティドライブ、ヒートシンクドラグなどステラSWの強さを受け継ぐ機構を惜しげもなく搭載。オーバースペックとさえ言える卓越した巻き上げ力と耐久性がもたらす圧倒的な信頼感は、ショア、オフショアを問わず一歩先を目指すアングラーを強力にサポートしてくれます。

何よりも見た目が格段に良くなりました。紺とシルバーに統一されたデザインはSWリールの中でも群を抜いたデザイン性の高さと言えるでしょう。

ほぼステラと言っても過言ではなく、金額もステラほど高くないので、SWリールとしてはこのリール以外の選択肢はかなり絞られるのではないでしょうか?

 

21ツインパワーSW 4000XGがよく比較されるリール

ステラSW

セルテートSW

ストラディックSW

 

インプレ

評価:★★★★☆
ライトショアジギには最強!
2021年5月18日
今まで20ツインパワーC5000XGでメジロ数本、ハマチ 10本程度テトラで釣ってきました。強度は何ら問題無し。若干巻き感にザラつきが出ましたが実釣には影響無し。しかし、2つの問題点がありました。コルトスナイパーXR106Mと20ツインパワーでは重量バランスが悪い事と、ロングバイブの早巻きで腕が疲れる事。
この2点を解消すべく21ツインパワーSW4000XGを購入。コルトスナイパーXRとの重量バランスは少しだけ解消されましたが、まだまだ先重りします。415gの5000番の方が良かったかも。
ロングバイブの早巻きは、ハンドルが3ミリ長くなった事と、21ツインパワーSWの目玉でもあるインフィニティドライブの恩恵でまあまあ負担が減った感じがします。
個人的な意見ですが、10.6ft.のショアジギングロッドには5000-6000番。9.6ft.のショアジギングロッド、10.6ft.のシーバスロッドには4000番で良いと思います。
機能面での5000番と4000番との違いはXタフドラグか、単なるリジッドサポートドラグかです。過去にLATEO100MH+18ストラディックSWでドラグを使いながら85センチのブリを釣りましたが、ドラグが音をあげる事はなかったので、Xタフドラグの必要性は感じません。
コルトスナイパーXRが良い仕事をしてくれるんで、最近はドラグをあまり使おうとは思いませんし、テトラで釣りをする事が多くドラグを出すと最後に足元のテトラに潜られるんで強めのドラグセッティングです。
自分のロッドとの相性、釣りのスタイル、メインとなるターゲットのサイズ、よく行く釣り場の特性でライトショアジギングなら4000-6000番の中で選べば良いと思いますよ。53cmと47cmのハマチを釣り上げましたが、このくらいのサイズじゃ楽勝過ぎて手応えが全く無かったです。たぶん70センチまでなら主導権を渡さないパワーがあると感じてます。

 

 

 

評価:★★★★★
良いと思います
2022年7月5日
真鯛ジギングに使っています。最初に使った時は重さを感じましたが、5分も使っていると全く気にならなくなりました。その日たまたま70オーバーを掛けましたが、やりとりがすごく楽でした。

 

 

評価:★★★★★
巻き取りパワーが素晴らしい
2022年6月11日
4000XG、2台目の購入です。ライトショアジギングに使用しています。汎用4000~C5000でもいいんだけど巻き抵抗の強い鉄板バイブが楽です。当然、魚を掛けても巻取り力は素晴らしく60オーバーのヒラメ、マゴチがコノシロのスレ位の感覚で上がってきました。インフィニティドライブの恩恵ですかね。

 

 

評価:★★★★★
購入して気が付いた事
2022年2月20日
ラインクリップが付いてなかったです。付属のラインカバーで固定します。回転は物凄く滑らかです。

 

 

 

評価:★★★★☆
STELLAは不要かな。
2021年5月30日
サクラマス、ヒラメ用に購入。先日サクラマス3本(3kg1本2.8kg2本)をコルトスナイパーXR100MHとこの21ツインパワーSW4000XGの組み合わせで難なくキャッチ出来ました。と言うよりちょっと物足りなさを感じたかな?

 

 

 

評価:★★★★★
心地よい巻き心地
2021年5月21日
ワールドシャウラBG 21053に装着し海アメ海サクラを狙っています。なめらかな巻き心地でカッチリ感があります。
ハズレを引いた方がいるようですが私の個体は全く問題なしで使い込むごとに滑らかさが増し耐久性も良さそうです。ワーシャ21053とのバランスも良く非常に使いやすいです。最近のシマノはデザインもカッコイイですね。ステラを知らない私には十二分のリールです。

 

 

 

評価:★★☆☆☆
異音
2021年8月22日
4000XG、SWリールは初めての購入です。ハンドルを回すとシャリシャリと音がする。
スプールが上から下に動くときに擦れているような音がする。この異音がとても気になります。初期不良なのか?それとも、まだ馴染んでいないだけなのか…
SWリールは元からこんなもんなのか…
釣行で5回程使用しましたが、変わらず異音はしています。釣行中は風や波の音で全く気になりませんが、もう少し様子を見てダメそうならメーカー送りにしようかと思っています。

 

 

評価:★★★★★
トルクが強くなっています
2021年10月02日
ツインパワー XDとソルティガと旧ツインパワー swをメインに使っていました。ライトショアジギング用に21ツインパワーSW 4000XGを購入し、数回実釣果した時点のコメントです。
巻きは軽いと言うよりシルキーな割にトルクがある様に感じます。飛距離は同じ竿でPE2.0をXDとSWに巻いて投げ比べたところ、ほぼ変わらずですね。負荷がかかった時のトルクは前モデルよりもかなり向上してるように感じました。汎用機よりは少し重いですが、ライトショアジギングでの使用としては汎用機よりも新しいツインパワー SWをおすすめすします。

 

あわせて読みたい

juunikokuki.hatenablog.com